PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Twitter企画*フォロワーさんをとある魔女の使い魔にする


Twitterで企画した
#反応くれた方をとある魔女の使い魔にする のまとめ。


……臨時追加更新予定?




@yadukiyami “沈黙の黒猫”
とある闇の魔女の使い魔。
一本角を生やした黒猫。蝙蝠の羽を生やして飛べる。
人姿は誰も見たことがない。
鳴きも喋りもせず、気を許している者とはテレパシーで意思通達。
大好きなものは魔女の作ったスープ。
元は悪魔の下っ端だが、主の為に強くなった。



@azuria25 “炎の一角獣”
とある炎の魔女の使い魔。
一本角に燃えゆるたてがみと尻尾、相手を射貫く金目のユニコーン。
戦闘時で無い時は人間の姿で、魔女のメイドとして仕える。
群れからはぐれたところを魔女に拾われ、そのまま懐いて使い魔となった。
魔女の歌が好きで一緒に踊る事も。



@kotatuMK2 “漆黒の獅子”
とある森の魔女の使い魔。
真っ黒なたてがみと尻尾をもつ獅子。
獣たちの王だったが、闇に侵されて穢れてしまった森に溺れていた所をを魔女に救われ、その恩で使い魔となった。
闇に侵されかけた名残で毛が黒い。
魔女にだけ頭を下げ、他者に決して尽くさない。



@azukanalara “時空獣”
とある時空の魔女の使い魔。
銀色の狐頭に白蛇と黒蛇の尻尾のキメラ。
人間の研究により生み出され殺される運命にあったところを、魔女の気まぐれによって救われた。
魔女の気分に振り回されながらもついていく。
人姿は魔女の好みで変わり、多いのは青年姿。



@neno_011 “青き目の黒豹”
とある闇の魔女の使い魔。
澄み渡った青目に真っ黒な身体の黒豹。
仲間の黒猫とは親子と思われる程の仲良し。実はこちらの方がずっと若い。
元人間だったが魔女の呪いで黒豹に。だが、彼女自身で気に入っててこのまま。
たまに人姿に戻ってはメイドとして働く。



@myu_yusu “虹鳥”
とある光の魔女の使い魔。
虹色の羽根をもつ鳥。人姿は可愛らしい少女。
虹が出た森で生まれ、魔女に気に入られて使い魔となった。
無邪気でお転婆な性格で、魔女をよく困らせたりする。
彼女から抜け落ちた羽根はよく効く万能薬の元になったり、杖の材料としても有能。



@harunobu1582 “焔竜”
とある山の魔女の使い魔。
マグマを吐き出す焔のドラゴン。
人姿は立派なおじさまで、執事としても仕えている。
魔女の美貌に惹かれて襲ったが、意外と豪胆な性格に倒されて仕える事になった。
女好きであるが、魔女も女好きなのでいつも横取りされてるらしい。



@haunted_666 “夜蜥蜴”
とある夜の魔女の使い魔。
鮮やかな赤目の黒蜥蜴。爬虫類ならどんなものにもなれる。
人姿では魔女の恋人役としてパーティーに出たりする。
魔女に踏まれそうになったところを止めたら、使い魔にされた。
闇の魔女と夜の魔女は仲良しだが、使い魔同士は仲悪い。



@chibi_marron “白き海獣”
とある海の魔女の使い魔。
まっさらな純白のイルカ。
完全な人姿にはなれず、人魚どまり。鯨にもなれる。
人間に捕らわれていたところを魔女に救われた。そのあと仲良くなり、友として使い魔となった。
魔女を乗せて、あちこちの海に行くのが最近の楽しみ。



@tiyo_at_maze “猫目の女”
とある街の魔女の使い魔。
普段から人間の女として魔女が営む喫茶店の店番をしている。
本来の姿は猫だが、誰も見たことがない。綺麗な翠色の猫目が名残。
雨の中で捨てられていたところを魔女に拾われた。
魔女の店は夜になると魔法品などが売られている。



@yue_yue123 “蒼魚精霊”
とある湖の魔女の使い魔。
澄んだ蒼魚のヒレをもつ精霊の少年。
完全な人姿にもなれるが歩けず、魔女の作った車椅子で移動している。
魔女に喚ばれ、契約を交わして使い魔となった。今では良き友。
いつもびしょ濡れで、魔女の本を濡らしてしまっては怒られる。



@cyane_lep “幼き白兎”
とある丘の魔女の使い魔。
濃青色の目をした白兎。
人姿は幼い少女で懸命に魔女のお手伝いをしている。ビックリすると兎耳が出てしまう事も。
人間が仕掛けた罠に引っかかっていたところを魔女に救われた。そのまま纏いついて使い魔に。
魔女の作る料理が大好き。



@yoru_kamu “青銀狼”
とある山の魔女の使い魔。
青みのかかった銀毛色の狼。
人姿は青年だが、獣耳が残ってしまっている。その為いつも帽子を被っている。
人間に駆逐され、最期の狼の王として生き残っていたところを魔女に救われた。
それ以来、恩返しとして魔女を護ろうと常に側にいる。


関連記事
web拍手 by FC2

| *Twitter創作 | 04:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yadukiyami.blog.fc2.com/tb.php/92-c759d7f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。